Voice

JHSTAのホットストーンセラピー講座を受講した
卒業生の声をお届けします。
受講者の体験や生の声を是非参考にして、
ホットストーンセラピーの良さを感じてください。

受講者の声をお届けします

東京校

インストラクター MUTUMIさん

インストラクター MUTUMIさん

Q.サロンメニューにホットストーンを取り入れたきっかけ

A.当時、アロマトリートメントをしておりまして、何か保温効果のあるもので温める事が出来たらと思い、ホットストーンで置き石をと思いました。実際に体感をしましたら、とても身体の芯まで温まり、メニューに取り入れたいと思いました。

Q.ホットストーンを取り入れた後の感想

A.この協会の施術法の60個の玄武石を使ってのトリートメントは、ハンドでは得る事が出来ない深いリラクゼーション効果や、体が良くほぐれ、終わったあともしばらく体が温かく、とてもお客様に喜ばれ、取り入れて本当に良かったと思います。

Q.なぜこの協会の講座を選んだのか

A.ネットカレッジで代表理事の施術を拝見し魅了されて、代表理事のホットストーンバウエルのDVDを書店で購入して自分で練習してみました。千葉校へ行き実際に体感をしてみて、ビビッと来てしまい、しっかりした体制で代表理事初め、協会員の方々がとても愛情深いので、選びました。

Q.今後の目標

A.多くの方に60個の玄武石を使ったJHSTA協会独自のホットストーントリートメントを体感して頂き、冷えのない明るい社会の貢献を出来たらと思います。

Q.インストラクター講座を何故受講しようと思ったのか。

A.実際に講座を受けたいというお客様がいました。このメニューならたくさんのお客様に喜んでもらえると思い、施術のお客様だけでなく是非多くのサロン様や、家族にトリートメントをしたい方などのお役にたてれたらと思いインストラクター講座でステップアップしたいと受講しました。


秋田校

インストラクター 杉本さん

インストラクター 杉本さん

Q.サロンメニューにホットストーンを取り入れたきっかけ

A.他のサロンとの差別化を図りたかった。また、冬にサロンの売り上げが落ちてしまうので、冬に来店して頂けるような身体を温められるメニューが欲しかった。

Q.ホットストーンを取り入れた後の感想

A.客単価のアップに繋がった。お客様の意識が「リラクゼーション」から「体質改善」へと変化していった。 メニューを取り入れてから2年ですが、冬のメニューとしてはもちろん、夏の冷房冷え対策としても年間通しての人気メニューになりました。 先日は、いつも通って下さるお客様が、4月は新年度で何かと忙しくて大変なのに気持ちが前向きになれないとのお悩みをお話しくださいました。そこで、ホットストーンセラピーをおすすめ。施術後は、体が軽くなったのはもちろん、気持ちもスッキリして表情も明るくなってお帰りになりました。 施術担当者も玄武岩のパワーに驚いています。

Q.なぜこの協会の講座を選んだのか

A.学びたいと考えていた技術がしっかりと学べる講座だと思い決めました。 新しいメニューを学ぶなら、スタッフ全員に自信をもって施術してもらえるようにスクールや資格認定のある協会しかないと決意し、大阪まで学びに伺いました。

Q.今後の目標

A.寒さの厳しい秋田で、もっと多くの方にホットストーンセラピーを広めたいと考えております。 スタッフ全員で技術を学ぶために、私自身がインストラクターの勉強をさせて頂きました。スクール講師としては、経験も少なくまだまだ未熟ですが、スタッフと共に技術を高め、一人でも多くのホットストーンファンを増やしていきたいです。


認定サロンPono

セラピスト柴田さん

トレーナー柴田さん

Q.サロンメニューにホットストーンを取り入れたきっかけ

A.自分が初めてホットストーンを受けた時その良さに感動し、多くの人にこの素晴らしいホットストーンを知って欲しいと思ったのがきっかけです。そして女性の皆さんの日々の生活、仕事、育児などで疲れた身体やストレスケアにホットストーンを取り入れて欲しいと思いホットストーン専門のサロンをオープンしました。

Q.ホットストーンを取り入れた後の感想

A.最初はホットストーンは癒し効果が大きいと思ったのですが、今は身体を温め体温を上げて行く事と筋肉のこわばりをとり緩め流れを良くする事が身体にとても良い効果(治療効果)があると思っています。お客様の施術後の反応がとてもいいです。

Q.なぜこの協会の講座を選んだのか

A.すでに英国式ホットストーンのサロンをしてたとき、セラピストの本にこのJHSTA協会の東京でのフェイシャル講座開講が載っていたのを見て受講しました。その時この協会の手技の素晴らしさと天然の石を使っていた事に感動し、すぐに全ての講座を取得しました。

お問い合わせ

メディア掲載の取材・ご依頼・その他お問い合わせは下記までご連絡ください ( 10:00 - 17:00 土日祝日定休 )

大阪本校:06-6868-9768
お問い合わせフォーム